歯医者を利用しつつ「健康な歯」を維持しよう
歯医者information

大事な歯を残すためには歯医者に定期的に行くのがおすすめです

歯医者を利用しつつ「健康な歯」を維持しよう

女性

歯を守るために歯磨きを徹底しよう

歯磨きは歯を守るうえでとても重要で、予防にもなります。歯に着く歯垢はただの汚れではなく、細菌の塊です。歯垢は口をすすいだからと言って落ちません。うがい薬でも同様です。そのため歯磨きをする必要があります。歯垢が溜まりやすいのは、歯と歯の間や歯並びの悪いところです。意外と磨き残しが多いのは下の前歯裏です。ここは歯ブラシが当たりづらく、磨きづらくなっています。磨き残しを防ぐためにも、歯ブラシのヘッドが小さいものがおすすめです。磨きやすく、細かいところまでブラシが当たりやすくなります。また、歯ブラシは1ケ月程度での交換がおすすめです。

食生活にも気を付ける

歯磨きをしているから大丈夫、ということはありません。他にもむし歯のリスクが上がる原因があります。まずは間食をしたり、ダラダラ食べる人は要注意です。虫歯のリスクは間食する量ではなく、回数が関係しているからです。虫歯は口腔内が酸性になることで生じますが、食べている回数が多いということは、その分酸性になっている回数も多いということです。また、あまり噛まずに食べるのもやめた方がいいでしょう。通常は噛むことによって、食べ物と歯がこすれ汚れが取れるようになっています。噛むと唾液の分泌も増えますが、唾液は再石灰化を促進するので、分泌が増えたほうがいいというのが分かりますね。

定期的にメンテンナンスを受けよう

多くの人が、「一度虫歯を直した歯は、もう虫歯にならない」と勘違いしていますが、それは違います。もう虫歯にならないどころか、一度治療したところは治療したことのない歯に比べて虫歯になりやすいのです。そのため、再発していないか確認したり、歯周病になっていないかチェックする必要があります。定期的にメンテナンスすることで、異常を早期発見し進行を防ぐことが大事だとわかりますね。また、大阪の歯医者では虫歯などのチェックだけでなく、歯磨きの指導もしてくれるので、ちゃんと磨けているか心配な人は聞いてみるといいでしょう。

歯周病の怖さについて知る

歯周病は歯槽骨や歯肉などが、歯周病菌によって破壊されてしまう病気で、虫歯と並んで口腔の2大疾患の1つとなっています。歯槽膿漏といえばわかりやすいかもしれませんね。歯周病の怖いところは、最終的に歯が抜けてしまうことでしょう。歯周病は痛みなどの自覚症状が出にくく、気付いたらかなり進行していることもあります。重度まで進行してしまうと、治癒するのが非常に困難といわれています。そうならないように、定期的にメンテナンスをして早期発見できるようにしましょう。

歯の健康は自分で守ろう

女性

歯医者を利用しつつ「健康な歯」を維持しよう

歯を守るための方法は、歯磨きだけではありません。将来多くの歯を残すためにも、今から予防をしておきましょう。そのためにはどんな方法があるのか、なぜ歯磨きが大事なのか知っておきましょう。

READ MORE